BLOGブログ
BLOG

背中の動きが良くなれば腕が上がる

2019/10/16
ロゴ

「背中の動きが良くなれば腕が上がる」

 

なんのこっちゃ?と思う方が多いと思います。

とりあえず、腕を手の甲が上を向いた状態で横から上がるところまで挙げてみてください。

頭の上で手の甲が合わさりますか?

当院に来る多くの方がこれができません。お悩みの症状が肩に限らずです。

では、次に体を猫背にした状態から同じ動きをしてみてください。

さらに挙がらなくなってしまいますよね?

これは猫背になることで背中を覆っている広背筋が伸びきって制限されてしまうためです。

広背筋は人体の中で最も面積が大きい筋肉なので様々な症状と関与していきます。

腰痛、肩の痛み、首の痛みなどなど・・・

 

広背筋に刺激をいれ本来持っている柔軟性を取り戻すことで腕が見違えるように挙がるようになることがあります。

椅子によっかかって後ろに体を反らしたいしますよね?これ、非常に効果的です。同様の効果を得るためには寝っ転がって肩甲骨の間辺りに巻いたフェイスタオルを置いて見るのも良いと思います。

さらに腕を上から下に引く、前から後ろの引くという動きをすることで筋肉にしっかり刺激を与えることができます。物を持ったりする必要はありません。

そもそも、普段使えていない方が多いのできっちり使っている筋肉を意識しながらやればゆっくり10回程度で背中に疲労感が出ています。

伸ばす運動、縮める運動、様々な刺激を入れてあげるのが良いですね。

是非これらをやってみた後でもう一度最初にやったように腕を挙げてみてください。

文章や写真ではわかりづらい方も多いと思いますので現在動画コンテンツも配信できるように計画しておりますのでご期待ください。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。