BLOGブログ
BLOG

腰痛で手術をしても痛みが取れない方へ

2018/11/02
腰痛

腰痛で手術をしても痛みが取れない方へ

腰痛をお持ちの方の中には椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などといった骨の変形による神経の圧迫が原因で腰から足にかけて痛みが出ている方もいらっしゃいます。

坐骨神経痛ですね。

これにより色々対処をしたけど治らず整形外科で手術をしたという方や検討している方もいると思います。

しかし、現実は手術後も痛みが残る方が結構多いということです。

こういった症状はなぜ残るのか?

そもそもこういった骨の異常は急に起こるmのは非常にまれです。多くの場合、日常生活の中での悪い姿勢をし続けることで長い時間かけて徐々に起こってきます。

つまりそれだけ腰の筋肉をはじめそれをカバーしながらばらんすをとっている様々な箇所は疲労を蓄積し筋肉はカチカチになっていることがほとんどです。

手術により神経への干渉をなくしたところで固まった筋肉がかたいままだったりバランスが崩れたままだったりしているとどうしても痛みが残ってしまいます。

では、どうしたら良いのか?

一番はなるべく普通に生活するということです。痛みがあったりかったるい期間が長いとあまり腰回りの筋肉に負荷をかけるのを避け、固まってしまっています。

筋肉は動いて収縮、弛緩させることで血流を促進させていきます。

もちろん無理のし過ぎは良くないでっすが恐怖心で動かないと改善がしづらいです。

それを行ったうえでバランスを整え直して偏りのない体を作るうえで再発しづらい体作りが出来るわけです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。